江戸小紋の通しの意味

江戸小紋の代表的な模様では、通しという模様がありますが、その意味は整然と並んでいて、筋を通すということで通しという名前がついたそうで、その名前の通りに、筋を通した等間隔の模様の集まりになっています。江戸小紋はほとんどが、このような細かい模様の集まりのようで、遠くから見たら皆同じに見えますが、近くで見てみるとみな違い、そこが江戸の粋な文化の表れなのかもしれません。江戸時代の各藩も藩主が参勤交代で江戸にいる期間が長かったので、地元の人間と言うよりも、江戸の人間というようになっていたのかもしれません。その江戸の文化が地方に伝わっていき、色々と変化をしていったということも歴史で学びました。着物などは、江戸のお土産では、最高級の商品だったのではないでしょうか。もらった家族などの笑顔が浮かんできてしまいます。


江戸小紋の縞模様とモアレ

江戸小紋では、一番有名な模様は縞模様ではないかと思います。縞模様は昔からあり、江戸時代になる前までは、単調さが嫌われて、あまり着物の柄には使われなかったそうです。しかし江戸時代から、かえって見直されて、人気が出てきたそうで、万筋という呼ばれ方の着物も生まれてきました。もともと縞模様の縞という漢字はスジと読まれていたそうで、それで万筋という言葉が生まれたのではないかと思いますが、たくさんの縞模様という意味なのでしょう。またそのような縦の縞模様は、モアレという現象も生み、錯覚ですが、それも模様になったのではないかと思います。最もシンプルな模様ですが、最も高度な技術で作られているそうで、江戸時代の浮世絵にも多く描かれている模様だそうです。この柄はとても落ち着いた柄ですが、渋さがにじみ出ていて、この柄を着こなせれば、着物の先生になることができるのではないかと思うほどです。


江戸小紋の鮫の模様と動き

江戸小紋の代表的な、また今でも人気が高い模様では、鮫の模様がありますが、大きく分けて3種類の分け方があるそうで、並鮫、中鮫、極鮫とあり、後に行くほど高品質の着物ということになったそうです。そしてその人気の秘密は、遠くから見ると無地に見えますが、小さな模様の集まりなので、その模様が動く度に光を反射してキラキラ輝くので、それが人気を呼んだそうです。そのような技術では、日本人は凄いと思いますが、最初に考え出した人のセンスの凄さを感じます。そのような動きや光も想像しながら作ったのではないかと思います。そのような着物を見れば、どんな女性もで欲しくなるでしょうから、人気があったのも頷けます。今のアイデア商品ということだろうと思います。昔の技術者は、着物に限りませんが、本当に名工が多くて、頭が下ってしまいます。そこから着物が芸術にまで昇華していったのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*