準礼装にも使える江戸小紋

小紋は普段着用の着物として知られていますが、パーティーなど準礼装で出席する場にも着て行かれるものもあります。それが、江戸小紋と呼ばれるものです。一見すると無地に見えるのですが、近くでよく見てみると、ぽつぽつした繊細な模様が着物地全体に施されているのが大きな特徴です。遠目には無地に見えるのに、実はしっかり模様がある、というのが、何とも粋なセンスです。この模様は、熟練の職人技による型染めの1つです。今はそんな職人さんも減り、純粋な手染めによるものが非常に貴重なものとなってしまいました。今は、手染めを略式化した方法で作られています。そんな江戸小紋に紋を付け、礼装用の帯を組み合わせることで、フォーマルの着物として扱うことができます。ちなみに、もちろん普段着としても使えます。その際は名古屋帯を組み合わせることで、カジュアルな着物に変身します。


江戸小紋の歴史と模様の印象

江戸小紋は、薩摩藩の定め柄ですが、今でも人気があり、江戸小紋の基本形というか代表的な模様ではないかと思います。大小のあられが、着物の上に降り注いでいるような模様で、繊細で品がある模様になっています。当時の薩摩藩の着物のセンスが非常に高かったことを表しています。江戸時代の初期から今に至るまで何百年も人気の絵柄というのは、並大抵のセンスではなく、衣装のセンスが極めて高かったことを表しています。今は藩などの後ろ盾はないにもかかわらず、人気が高いということが、そのセンスを表していますが、さすがに戦国時代を生き抜いて、明治まで生き延びてきた藩だけのことはあると思います。また着物の色によっても単純な模様だけに、よくマッチしていて、これからも長く人気の模様になるだろうと思います。またこれから、その模様がどのようにデザインされて変化されていくのかも興味が尽きないところです。


江戸小紋の歴史と色々な模様

江戸小紋では三役という模様があるそうで、その中にサメの模様があるというのでどのような模様なのか興味がありました。私自身は着物には詳しくないので、てっきり海の生きているサメのデザインをデフォルメしたものだろうと漠然と思っていましたが、実際にはサメは何処にも描いていないようで、要するに鮫肌と言われているものを着物のデザインにしたようなイメージなのではないかと思います。これが江戸小紋の三役とか五役とか言われているだけあって、とても不思議な感じのするデザインではないかと思います。江戸時代でも庶民の間で相当な人気があったそうで、それが定着して今でも人気の絵柄だそうです。江戸時代には紀州の德川藩の定め柄だったそうで、その質の違いは、模様が細かいほど高度な技術が必要なので、高価な着物だということがわかったそうです。並鮫とか極鮫とかで分けていたそうですが、誰にでもわかりやすくて面白いと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>